『屋根裏部屋の公爵夫人』1巻のネタバレ!令嬢が屋根裏部屋で生活!?

屋根裏部屋の公爵夫人』は林マキ先生による漫画で、「コミックウォーカー」にて連載中です。原作小説はもり先生、イラストレーターはアオイ冬子先生が担当しており、カドカワBOOKSで現在2巻まで刊行されています。

伯爵令嬢のオパール・ホロウェイは社交界デビューの日暴漢に合い、何事もなかったにも関わらず男好きなふしだらな令嬢というレッテルを貼られてしまいます。噂に負けず一人きりでも強く生きていこうと覚悟を決めたオパールですが、そんな彼女に父親がマクラウド公爵との婚姻を進めていく……といった内容のファンタジー系作品となっています。

今回は『屋根裏部屋の公爵夫人』1巻のネタバレ記事です。

『屋根裏部屋の公爵夫人』1巻のネタバレ!

主人公である伯爵令嬢オパール・ホロウェイ。彼女は社交界デビューの日に暴漢と遭遇してしまいます。何事も起きなかったにも関わらず、庭で男と逢引きをしていたなどと根拠のない噂を立てられオパールの元には一切婚姻の申し込みがありませんでした。

噂に負けず一人きりで生きていこうと決めたオパールですが、父親がマクラウド公爵との婚姻を勝手にとりつけてしまいます。マクラウド公爵は落ち目の公爵家で、ホロウェイ伯爵家の資産で借金を返すための政略結婚でした。

以前に一度舞踏会で踊ったことのあるマクラウド公爵ですが、その甘い記憶を打ち消すかのように彼はオパールに冷たく当たります。結婚したにも関わらず通される寝室は客間、その上同じ屋敷に暮らす公爵と幼馴染みのステラと一切顔を合わせないようにと冷遇されてしまいます。公爵だけでなく使用人からも冷たくされ、オパールは公爵家にとって自分が不要ならばと自室を屋根裏部屋に移動します。

そんな生活の中で、オパールはある日書斎にあった公爵家領地の帳簿が改竄されていることに気が付きます。オパールは一人の力では解決することが出来ないため、実家の領地管理人であるトレヴァーに助けを求めます。

公爵夫人として改竄があった領地へ向かうオパール。そこで働く領地管理人のオマーが賭博の借金のため帳簿を改竄していた証拠を掴みます。オパールはオマーが作った借金を肩代わりし、オマーの罪を暴き出します……

『屋根裏部屋の公爵夫人』1巻はラストにオパールの幼馴染クロードとの平和なおまけ漫画もついており、こちらも必見。原作のもり先生がコミックのために書き下ろしたSSをコミカライズした豪華なものとなっています。




『屋根裏部屋の公爵夫人』1巻の感想

『屋根裏部屋の公爵夫人』は、公爵家という主人公・オパールにとって四面楚歌な敵しかいない状況の中で彼女が知恵と策で状況を変えていくストーリーです。

特にオパールが公爵家領地の改竄に誰よりも先に気が付き、鮮やかな手腕で犯人を見つけ出す様子は読んでいてとてもドキドキしてしまいます!

ストーリーはまだ始まったばかりですが、公爵家に居座る公爵の幼馴染ステラも何か裏がある様子。今後オパールが公爵家でどんな活躍をしていくのか、目が離せません。

絵も非常に奇麗な作品なのでぜひ実際に読んでほしいです。以下のサイトならお得に読めます。

『屋根裏部屋の公爵夫人』をお得に読むなら?

漫画をお得に読むにはコミック.jpがおススメです。

初回お試し登録でなんと1200ポイントも貰えます。実質無料で1200円分もの漫画を読めることに!

コミック.jpは月額1100円(税込)のサービスですが、30日間は無料で利用可能。この無料期間のうちに解約した場合は料金はかかりません。しかも、購入した作品は退会後でも読むことが可能。

継続しても月額料金以上のポイントが貰えるため、非常にお得なサービスです。とりあえず無料お試し登録をして、気に入ったら継続するといいでしょう。

コミック.jpでお得に漫画を読みましょう!