『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ!

王道のファンタジー系作品として大人気の『ある日、お姫様になってしまった件について』。

作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。

今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ記事です。

『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ!

3巻では本来の物語のヒロインであるジェニット、そして男主人公であるアルフィアス公爵の息子イゼキエルが登場します。

本来の物語ではデビュタントの日に現れるジェニットにクロードの娘として立場を奪われ、罪の濡れ衣を着せられて殺されてしまうアタナシア(通称;アーティ)。変わらず自らが死んでしまう未来を変えるために日々奮闘する彼女に新しく友人として魔法使いルーカスがあてがわれます。

本来の彼はとうに成人を越した男性なのですが、アーティの友人として見かけは幼い少年の姿です。そんなルーカスが戯れにアーティをアルフィアス公爵邸に魔法で転送させてしまうことで、アーティはイゼキエルと出会ってしまいます。そして本来の物語の主人公であるジェニットの姿も見つけてしまいます。

イゼキエルは突然空から会わられたアーティを天使と呼び、その出会いが忘れられず数年間彼女の姿を思い続けることになります。

そして時は流れ、アタナシアのデビュタントが近づいてきました。本来の物語ではアタナシアは誰からもデビュタントで手を引いてもらうこともなく、ジェニットの登場に打ちひしがれてしまいます。

ところが、今までのアーティの努力の結果すっかり娘に甘くなった父親である皇帝クロードはアーティからの提案「デビュタントでエスコートしてほしい」というお願いを快諾し、ついにデビュタントの日がやってきます。

『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻の感想

今まで幼かったアタナシアが時を経てデビュタントを迎える美しい少女へと変わっていくのがとても目を引きます。

また、今までアタナシアと父親である皇帝クロードの話が中心でしたが、今巻からは新しくイゼキエル、そしてルーカスというアタナシアのお相手になりそうな少年たち二人が登場します。特に幼い頃出会ったアタナシアの姿を忘れられず待ち続けたイゼキエルと、彼とアタナシアが近づくことが自分でもなぜか面白くないルーカスの三角関係に発展しそうな展開はドキドキが止まりません。

美しく成長したアタナシアのデビュタント編はその話だけで一見の価値があるほど綺麗です。本来のデビュタントでは一人きりでみすぼらしい姿で参加するはずのアタナシア。その描写とは反比例するようにデビュタントを迎えるアタナシアは美しく描かれています。

父親に手を引かれ世界一美しい姿で微笑むアタナシアの姿は、物語が大きく変わり始めていることの象徴のようで続きが気になってしまいます。

また、この巻ではついに本来のメインヒロインであるジェニットも登場しますが、デビュタント当日を迎え彼女がどのような立場で現れるのか、続きか気にならずにはいられないラストでこの話は終わっています。

本作はフルカラーで奇麗な絵柄で描かれています。その分値段はやや高いのですが、以下のサイトならお得に読めます。

『ある日、お姫様になってしまった件について』をお得に読むならebookjapanがおススメ!

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

ebookjapanでは初回限定で50%OFFクーポンが獲得できます。購入金額(税込)の50%分(最大500円分)が値引きされます。

初回ログインから60日後まで有効で、期限内であれば6回まで使えます。割引額は最大500円分なので、最大で3000円分もお得です。

eBookJapanは「背表紙機能」があるのも特徴です。この機能があるのはeBookJapanだけ!電子書籍でも背表紙を集めたい人も多いでしょう。


無料や割引キャンペーンも豊富で、常時何かしらのキャンペーンを開催しています。
安定の老舗電子書籍サイト、eBookJapanでお得に電子書籍を読みましょう!

↓からサンプルも読めます。

ある日、お姫様になってしまった件について 3
ある日、お姫様になってしまった件について 3