『8人の戦士』1巻のネタバレ!シリアスなギャグBL!

8人の戦士』は池玲文先生によるBL(ボーイズラブ)漫画です。そのあまりにアホらしい内容から非常に話題になっています。

今回は『8人の戦士』1巻のネタバレ記事です。

『8人の戦士』のあらすじ

『8人の戦士』はプラウ諸島を束ねる「王」を決めるための8人の戦士たちの闘いを描いた作品です。

その闘いの内容とは「射精したら負け

8人の戦士は以下
・ブラン(月の一族)
・ヴァンピア(癒しの一族)
・サイコルガナ(龍の一族)
・ロロ(土の一族)
・ユダ(闘いの一族)
・タリング(牙の一族)
・ピサウ(太陽の一族)
・ハート(宝玉の一族)

この中の戦士・ハートは秘技を習得していて……というストーリーです。

『8人の戦士』のネタバレ!

留学から帰ってきたハート。その普通の服装にユダとピサウが反応します。この島では男らしさをアピールするため尻が出ている服が一般的なもよう。

そして集まった8人の戦士たち。個性豊かなペニスケースのある、独特な鎧を装着しています。

しかし事前選定の結果、牙の一族・タリングと宝石の一族・ハートが脱落と宣告されてしまいます。留学し「秘技」を習得してきたハートは納得できません。

そこで特別にタリングとハートが復活戦を行い、勝った方が闘いに参加できることに。

タリングは長いペニスケースを鞭のように使い、ハートのイチモツを刺激しますが、この程度では達せず。
ハートはタリングのペニスケースを引っ張り彼を抱き寄せます。そしてタリングのアナルに指を突っ込むと……
既にタリングは達していたのでした。イチモツに触れず射精に至らせたことでざわつくギャラリー。
そう、ハートが習得してきた「秘技」とは「前立腺」のことだったのです。

そして第一の闘いが開幕。友人同士でもある太陽の一族・ピサウ対闘いの一族・ユダのカードになります。しかしBL作品における「友人」ほどあてにならないものもなく……
案の定セックスになってしまいます。セックスに至るまでの流れも展開としてはかなり強引(笑)。
ハートにより肛門を攻めることを覚えたユダは興奮を抑えきれず、ピサウの中で射精に至ります。第一の闘いの勝者はピサウ。
試合後、二人は無事結ばれました。

第二の闘いは土の一族・ロロ対月の一族・ブランに。
ロロの巨大なイチモツを露出させ口で刺激を与えるブラン。しかしロロはブランの名を呼びながらキスするとなぜかブランが射精。ロロの勝利となります。

第二の闘いは癒しの一族・ヴァンピア対龍の一族・サイコルガナ。かなりのキワモノ対決です。
隙をついたヴァンピアの快楽の薬攻撃で興奮したサイコルガナはギンギンになったイチモツを露出させます。
そのままヴァンピアの攻めによりサイコルガナは射精に至り、勝者はヴァンピアに。

ここでハートの留学時代のルームメイトであるマシューが登場。彼はハートの事実上の恋人です。この闘いは相手を先に射精させるものと聞き、複雑な想いを抱いていた彼ですが、恋人の文化を尊重したいと考えました。

決勝はロロ対ハートのカードに。二人とも鎧を付けずイチモツ丸出しの状態から始まります。

ロロの技で興奮してきたハートですがマシュー以外に触れられたくない気持ちが芽生えてきます。そんな防戦一方のハートを見てロロは宝玉の族長・サーフィアに代わりに闘うよう指名。
前回の覇者でもあるサーフィアは強く、情報網なども駆使してロロを射精に至らせました。今回の勝者は宝玉の一族に。

族長から未熟だと怒られたハートは再び外に勉強に行くことになり、その間にマシューとずっと一緒にいられる方法を探すことになりました。

『8人の戦士』1巻の感想

アホすぎるwww

高い画力でこんなアホなことを真面目にやってるというギャップが凄くて面白かったです。

セックス描写自体はかなり展開が強引ではあるものの、「射精したら負け」というルールと快感へのギャップへの対応がポイントでしょうか。

キャラクターも個性豊かで魅力的。登場人物は多いですが描きわけもできています。

スッキリと終わっている形ですがナンバリングされてるので2巻も出ると思われます。

『8人の戦士』をお得に読むならまんが王国がおススメ!

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。



まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!