『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』1巻のネタバレ!王道を往く悪役令嬢もの!

悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』はほしな先生による漫画で、「コミックウォーカー」にて連載中です。原作はぷにちゃん先生が「小説家になろう」で連載している小説となっています。

本作は非常に人気があり、各種電子書籍サイトのランキング上位常連の作品と化しました。

今回は『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』1巻のネタバレ記事です。

『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』1巻のネタバレ!

ある日、ラピスラズリ王国第一王子、ハルトナイツの婚約者であるティアラローズは突然前世での記憶を思い出します。そこで彼女が前世で好きだった人気の乙女ゲームの世界に転生していることに気づいたのです!

しかし自分が作品の悪役令嬢であり、バッドエンドが起こる役柄でした。ゲーム内と同じ状況であるこの世界で、ヒロイン役のアカリが現れます。アカリはハルトナイツ王子に言い寄りティアラローズの立場を奪ってしまいます。

学校での卒業パーティーで婚約破棄をされる断罪イベントが起こることに気づきますが、回避が不可能であると分かり、堂々と参加する決意をします。

ハルトナイツ王子はパーティーでのティアラローズのエスコートをできないと言い始め、当日を迎えます。案の定、ハルトナイツ王子はアカリと姿を現します。

そしてティアラローズは1人で会場に入り、すぐさま大勢の前で婚約破棄を告げられます。理由はアカリへの態度でしたが、正当性を主張するティアラローズに対し、ハルトナイツ王子は不敬罪として国外追放を言い渡します。

そこで隣国のアクアスティード王太子が突然現れ、ティアラローズに求婚します……

『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』1巻の感想

前世の記憶を持つ主人公の話はよくありますが、悪役令嬢としてというのはとても面白かったです(最近は逆に王道と化していますが笑)。

ヒロインのアカリがよく分からない理由でハルトナイツ王子に言い寄り、それを鵜呑みにしてアカリへ向いてしまったハルトナイツ王子に少し苛立ちを覚える反面、簡単にそのような状況になっていくのを見てるのが楽しかったです。

これで主人公のティアラローズがそのまま国外追放されてしまうのはつまらないと思っていたところに、隣国の第一王子、アクアスティードが現れワクワクしました。とても聡明で優しそうな方で私も心を奪われそうでした。影でずっとティアラローズを見守っていて、大変なところで味方に立ち、助けてくれる姿はとてもかっこよかったです。

婚約破棄直後にティアラローズに求婚したことは急展開でとてもびっくりしましたが、ティアラローズへの求婚をするタイミングをずっと待っていたアクアスティードは可愛かったです。それをずっと見ていたアカリがアクアスティードのことも渡さないという態度を取り始めたのも面白かったですね。

いわゆる「悪役令嬢もの」の中でも王道を往く作品で、非常に人気もあるのでこれから「悪役令嬢もの」を読んでみたい人にもおススメできます。以下のサイトならお得に読めます。作画の奇麗さにも注目してみてください。

『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』をお得に読むなら?

漫画をお得に読むにはコミック.jpがおススメです。

初回お試し登録でなんと1,350ポイントも貰えます。実質無料で1350円分もの漫画を読めることに!

コミック.jpは月額1100円(税込)のサービスですが、30日間は無料で利用可能。この無料期間のうちに解約した場合は料金はかかりません。しかも、購入した作品は退会後でも読むことが可能。

継続しても月額料金以上のポイントが貰えるため、非常にお得なサービスです。とりあえず無料お試し登録をして、気に入ったら継続するといいでしょう。

コミック.jpでお得に漫画を読みましょう!