『嘘解きレトリック』1巻のネタバレ!嘘を見抜ける少女が探偵の助手に!?

嘘解きレトリック』は都戸利津先生による漫画で、『別冊花とゆめ』にて連載していました。現在は完結済みです(全10巻)。

今回はそんな名作『嘘解きレトリック』1巻のネタバレ記事です。

『嘘解きレトリック』1巻のネタバレ!

物語の時代は昭和初期です。一見普通の少女・浦部鹿ノ子(うらべ かのこ)と、貧乏な探偵・祝左右馬(いわい そうま)が、ある日偶然に出会い、次々と問題を解決していくという謎解きミステリーです。

鹿ノ子は生まれたときから、人の嘘がわかってしまう能力を持っていました。それは嘘をついた声が金属をたたいたように聞こえるため。自分でついた嘘でさえも……

そんな能力を小さい頃から持っていたため、生まれた町からは気持ち悪がられ、避けられていました。その状況を変えるため、一人鹿ノ子は遠くの町へと旅立つことになり、そこで空腹に倒れている左右馬に出会ったのでした。

左右馬と町の定食屋さんたちに優しくされ、ここにいたいと思う鹿ノ子でしたが、定食屋の息子の嘘を言ってしまったことにより、自分はやっぱりここにいてはいけないと思い出ていこうとします。しかし、左右馬が彼女の嘘を見抜く力を受け入れ、鹿ノ子は左右馬のところで助手として働き始めることに……

『嘘解きレトリック』1巻の感想

最初はミステリー物が好きで読み始めたのですが、左右馬のだらけた性格や、周りの人たちによっておりなされる、ふとしたギャグ要素や、心にしみわたるストーリーにどんどんはまっていきました。

嘘が見抜ける鹿ノ子と、探偵の左右馬がいれば正直チート級に楽に問題を解決しそうと思っていたのですが、人には嘘をついたということだけでなく、その理由や意味までをきちんと考え、問題を解決する左右馬は見ていて楽しいです。嘘の台詞はふき出しが違うので読者にもすぐわかります。

読んでいるときにも嘘に目が行きがちですが、「でも本当にお金だけが欲しかったらもっと簡単な方法があったよね?」という左右馬の言葉に鹿ノ子同様ハッとさせられることが度々ありました。この作品では主に犯行の動機に焦点をあてています。何気ない会話・出来事が伏線となり、最後に回収される形の構成は見事です。

他にも、鹿ノ子が左右馬をはじめ、色んな人と出会い成長していく姿も見ていて楽しいですし、自分自身にも心に留めておきたい言葉が沢山あり、ミステリー好きな人以外にも読んでもらいたい漫画です。絵柄も古さを感じさせず小物・背景もしっかり描きこまれています。

今のところ、ラブストーリーなどはないですが、これからの左右馬と鹿ノ子に何らかの思いが出てきたらとても面白そうだなと思っています。

非常に人気のある作品なので実際に読んでみてはいかがでしょうか?以下のサイトならお得に読めます。

『嘘解きレトリック』をお得に読むならまんが王国がおススメ!

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。



まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!