『アルテ』最新74話のネタバレ!宮廷の一員となったアルテは……

今回は「月刊コミックゼノン」2021年8月号に掲載された『アルテ』原作最新話74話のネタバレ記事です。

73話のネタバレはこちら。




『アルテ』最新74話「宮廷画家」のネタバレ!

とうとう宮廷に足を踏み入れ、イレーネの兄でもある皇帝・カール5世に謁見することになったアルテ。

ガチガチになりつつも彼に挨拶をするアルテですが、通訳が必要なもよう。通訳からの言葉を聞いたアルテは……




謁見が終わるとイレーネにガチガチになっていたことを笑われてしまいました。でももし最初に会った時からカスティリャ王女だと知っていたら同じようになっていたと言うアルテですが、イレーネはもしそうだったらこのように仲良くなれなかったかもと……

そして通訳が必要な理由がカール5世はカスティリャ語が話せなかったからであり、アルテの発音が未熟だったからではないことが判明。国のよそ者を嫌う性質もあり、カスティリャ語が話せないカール5世は批判されているとのこと。

イレーネはアルテに宮廷で仕事をする心構えを話します。兄と話そうとするイレーネを引き留め、アルテは彼女にある言葉を……

そんなアルテは貴族にぶつかってしまい、訛りの酷さを指摘されます。今までも色々言われてきたアルテですが……




宮廷画家の護衛を頼まれたというグイド。彼はその宮廷画家が描いたというイレーネの肖像画に圧倒されます。

グイドは仕事が忙しい宮廷画家に1か月も待たされて今日が初顔合わせとのこと。彼は目的があってこの仕事を受けたようです。

そして案内された先にいたのが、宮廷画家として成長したアルテでした……




『アルテ』最新74話の感想

とうとう宮廷の一員となったアルテ。宮廷とはいえ、色々なしがらみがあるようで……

そういえばあのクリロナも訛りが酷くていじめられてたらしいし、そういう国民性なんでしょうね。「なぜ笑うんだい?」の精神は重要。

カール5世は地理的にもかなり離れたネーデルラントで育っているので、カスティリャ語が話せないのは仕方ないところではある。このあたりは世界史でもかなり複雑で、フランス革命と並ぶ挫折者多数の時代(笑)。

イレーネの本名はカタリーナなのでたぶんモデルはこの人。Wikipediaにも記事があります。
カタリナ・デ・アウストリア Wikipedia

そして成長したアルテの姿というか自信に満ちた目はぜひ本誌で読んで欲しいところ。

次回から新章突入!これからの展開が楽しみですね。

『アルテ』掲載の「月刊コミックゼノン」をお得に読む方法

『アルテ』を掲載している「月刊コミックゼノン」は書店では売っていないことも多い雑誌です。そんな「月刊コミックゼノン」をネットで読みたいという人も多いでしょう。

そんな人におススメなのがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス。月額たったの760円(税抜)で漫画雑誌80誌以上、漫画単行本が20,000冊以上が読み放題というお得なサービスです。雑誌を1冊読めばほぼ元が取れてしまいます。ちなみに「月刊コミックゼノン」は1冊730円(税込)。

このサービスに登録すれば毎月「月刊コミックゼノン」を読めます。紙の「月刊コミックゼノン」は毎月25日発売ですがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスで読めるようになるのは翌月1日なのでそこだけは注意してください。

「月刊コミックゼノン」だけでなく、「まんがタイムきらら」をはじめとした「きらら系」雑誌やKADOKAWAの「電撃大王」「コンプエース」なども読み放題の対象です。特にKADOKAWAの雑誌は紙の発売日と同時に読めるようになるのも特徴。

KADOKAWAの雑誌の中には悪役令嬢系の作品を連載している雑誌も多いです。異世界転生系・悪役令嬢好きな人にもおススメです。



毎月お得に「月刊コミックゼノン」ほか漫画雑誌を読みたい方はBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスに登録してみてください。