『アルテ』最新75話のネタバレ!新章突入!

今回は「月刊コミックゼノン」2021年10月号に掲載された『アルテ』原作最新話75話のネタバレ記事です。

74話のネタバレはこちら。

76話のネタバレはこちら。

この話は単行本15巻の続きの話となっています。




『アルテ』最新75話「会いに行きます」のネタバレ!

アルテがいなくなって数年後のフィレンツェ。大雨の中、戦に備えて防壁を築く真っ最中です。

そんな雨の中、レオはある人物のもとへ。そこにいたのは病に倒れ、今わの際のウベルティーノでした。

彼は戦に備える外の様子に考えるところがあるもよう。そしてレオの昔話を始めます……




ウベルティーノはレオにこの街を出るのかと聞きます。レオはこの街に残ると答え、さらにウベルティーノの最期になるであろう言葉を聞いて……

レオが去った後、レオの弟子の小娘のことを考えるウベルティーノは目を閉じて……

一方、宮廷画家として仕えていたアルテはイレーネに肖像画を納品。これがアルテの宮廷画家としての最後の仕事となるようです。

アルテはシルヴィオがフィレンツェから亡命したという話を聞き、これから戦場になるであろうフィレンツェに戻る決心をしていたのでした……

『アルテ』最新75話の感想

宮廷画家として立派に成長したアルテ。イレーネがいつの間にか第4子を身ごもっていたりとそれなりに時が経っているようです。

そしてフィレンツェがピンチに。この戦争を仕掛けているのがイレーネの兄・カール5世であるのが皮肉ではある。カール5世は生涯戦争に明け暮れた武闘派としても知られていますからね……

とはいえ、そのおかげでアルテがフィレンツェにいられなくなった元凶であるシルヴィオが亡命し、レオに再会するチャンスが出来たとも言えます。安泰な宮廷での生活を捨ててまで、戦場になるフィレンツェに戻るというのはアルテの並々ならぬ決意を感じますね。時が経ってもレオのことが忘れられなかったってことだもんなぁ……

レオもフィレンツェに残るのであの時みたいに入れ違いにはならなそう。ウベルティーノの言葉はかなり心にくるものがあります。

早くも舞台がフィレンツェに戻るようで、今後の展開が気になります。

『アルテ』掲載の「月刊コミックゼノン」をお得に読む方法

『アルテ』を掲載している「月刊コミックゼノン」は書店では売っていないことも多い雑誌です。そんな「月刊コミックゼノン」をネットで読みたいという人も多いでしょう。

そんな人におススメなのがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス。月額たったの760円(税抜)で漫画雑誌80誌以上、漫画単行本が20,000冊以上が読み放題というお得なサービスです。雑誌を1冊読めばほぼ元が取れてしまいます。ちなみに「月刊コミックゼノン」は1冊730円(税込)。

このサービスに登録すれば毎月「月刊コミックゼノン」を読めます。紙の「月刊コミックゼノン」は毎月25日発売ですがBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスで読めるようになるのは翌月1日なのでそこだけは注意してください。

「月刊コミックゼノン」だけでなく、「まんがタイムきらら」をはじめとした「きらら系」雑誌やKADOKAWAの「電撃大王」「コンプエース」なども読み放題の対象です。特にKADOKAWAの雑誌は紙の発売日と同時に読めるようになるのも特徴。

KADOKAWAの雑誌の中には悪役令嬢系の作品を連載している雑誌も多いです。異世界転生系・悪役令嬢好きな人にもおススメです。



毎月お得に「月刊コミックゼノン」ほか漫画雑誌を読みたい方はBOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービスに登録してみてください。