『実況の遠藤くんと解説の小林さん』の作者・恵ノ島すずがなろうを退会?その理由は?

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』(以下『実況の遠藤くんと解説の小林さん』)は恵ノ島すず先生によるweb小説で、「小説家になろう」にて連載されていました。現在は「カクヨム」で読めます。

しかし、現在『実況の遠藤くんと解説の小林さん』が連載されていた「小説家になろう」のページを見ると「ユーザ退会に伴い、削除されました。」と表示されます。

なぜ恵ノ島すず先生は「小説家になろう」を退会し、「カクヨム」に移籍したのでしょうか?理由が気になりますね。

今回は『実況の遠藤くんと解説の小林さん』が「小説家になろう」から削除された理由についてです。



『実況の遠藤くんと解説の小林さん』の作者・恵ノ島すずがなろうを退会!?その理由は?

さて、『実況の遠藤くんと解説の小林さん』が「小説家になろう」から削除された理由は何なのでしょうか?

結論から申し上げますと、わかりませんでした

それだけではあまりにもアレなのでいくつか考察してみましょう(笑)。なお同時期に恵ノ島すず先生はツイッターのアカウントも削除しています。

まず一つ考えられるのは契約の問題です。

趣味で書いているうちはともかく、書籍化やコミカライズされると権利や契約の関係が難しいことになってきます。その中に「『小説家になろう』でなく『カクヨム』で掲載する」という条文が盛り込まれていた可能性があります。

『実況の遠藤くんと解説の小林さん』は小説もコミカライズもKADOKAWAからの出版です。もちろん「カクヨム」の運営会社はKADOKAWA。ちなみに「小説家になろう」の運営会社は株式会社ヒナプロジェクトです。

やはりKADOKAWAからすれば自社のサービスで掲載してほしいという思惑があったのではないでしょうか。

「小説家になろう」で連載している作品がKADOKAWAから出版されることは珍しくありませんが、契約にはいろいろなパターンがありますからね……




もう一つ考えられるのは衝動的に消してしまった、という可能性。

契約の問題であればツイッターのアカウントも消す必要性が無いように思えます。

そうなると、読者からの変なコメントに嫌気がさして「小説家になろう」とツイッターのアカウントを削除した、と考えることもできます。

特に有名になってくると妬みからか「小説家になろう」では変なコメントが付きやすくなる傾向があります。

どちらにせよ本人やKADOKAWAからの発表がない以上、憶測の域は出ません。個人的な見解として参考にしてください。



まとめ

『実況の遠藤くんと解説の小林さん』が「小説家になろう」から削除された理由は残念ながら不明。

契約の問題説や衝動的に消した説などがありますが、やはり憶測の域は出ません。

ちなみに同じくなろうから削除された『わたしの幸せな結婚』は「カクヨム」にて連載するとのことでしたが、発表されてから約半年経っても掲載されません。これも契約の問題の気がするんですよね……特に『わたしの幸せな結婚』は近年稀に見る大ヒット作ですし色々ありそう。

関連記事

『実況の遠藤くんと解説の小林さん』は実況がゲームキャラに聞こえるという新感覚のラブコメで非常に面白い作品です。
コミカライズ版1巻のネタバレはこちら


『実況の遠藤くんと解説の小林さん』原作小説をお得に読みたいなら以下のサイトがおススメです。

『実況の遠藤くんと解説の小林さん』を読むならebookjapanがおススメ!

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

ebookjapanでは初回限定で50%OFFクーポンが獲得できます。購入金額(税込)の50%分(最大500円分)が値引きされます。

初回ログインから60日後まで有効で、期限内であれば6回まで使えます。割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

eBookJapanは「背表紙機能」があるのも特徴です。この機能があるのはeBookJapanだけ!電子書籍でも背表紙を集めたい人も多いでしょう。

無料や割引キャンペーンも豊富で、常時何かしらのキャンペーンを開催しています。

安定の老舗電子書籍サイト、eBookJapanでお得に電子書籍を読みましょう!

↓からサンプルも読めます。


ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん
ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん

コミカライズ版はこちら
ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん 1
ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん 1