『女王の花』の感想!「泣ける」と評判の歴史ファンタジー!

女王の花』は和泉かねよし先生による漫画で、「ベツコミ」にて連載していました。単行本15巻をもって完結しています。

今回は『女王の花』全15巻の感想記事です。

『女王の花』とは?

戦国ロマンス、復習、愛、憎悪、身分の差、国・・・・・様々な要素を絡め合わせた、切なく悲しくも、どうしようもなく美しいストーリー。

古代中国を思わせる世界にて、亜国の正妃の娘でありながら、第二王妃によって冷遇されていた亜姫。

ある日、金髪碧眼の胡人(異民族)の少年、薄星と出会います。

薄星もまた、見た目の違いから迫害され、奴隷として酷い扱いを受けていました。

しかしそんな彼をかばおうとした亜姫に、薄星は一生の忠誠を誓います。

そしてお互いは、宮廷でたった二人きりの味方となり、主従を越えた絆で結ばれていきます…

『女王の花』のあらすじ

二人は城の外で出会った商人の男・青徹から技芸や武芸を叩き込まれ、数年の時が流れます。

亜姫は美しく成長しますが、未だ宮中での立場は弱く、14歳の時ある出来事により第二王妃・土妃の怒りを買い、母である黄妃を毒殺されてしまいます。

亜姫は憎しみを胸に、必ず戻り復讐することを誓い、母の母国である黄国へ質子として送られます。

そして、隣国の曾国と土国をも巻き込んだ玉座を巡る争いと、運命を背負った「龍」たちの物語が始まるのです。

『女王の花』の感想

絵も綺麗で、古代中国文化なんかが好きな方におすすめですが、そういったものに興味や知識がなくても問題ありません。

ところどころ吹き出しが誰のセリフ?と読みにくかったり、時間軸や展開が分かりにくかったりもするのですが、そのくらい気にならなくなるほど全体のストーリーは素晴らしい作品です。一気に読んでしまいました。

単純な戦国モノでも、安い恋愛でもない。何度読んでも泣けます。

登場人物のそれぞれがしっかりと描きこまれていて、言葉のひとつひとつが胸に刺さります。

亜姫と、それを支える薄星。お互いがお互いのことを思うがあまり、うまくいかない…

一人のおんなのこなのに、主人公たちを、どうかどうかおねがいだから幸せになって、と願ってやみませんでした。

物語のラストは最後まで読んで、どう解釈しどう信じるか、それぞれの受け取りかたに託されているのかと思います。

『女王の花』をお得に読むならまんが王国がおススメ!

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。



まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!