『清く正しくいやらしく』分冊版1巻のネタバレと感想!真面目OLがビッチに!?

清く正しくいやらしく』は原作:兎山もなか先生、作画:倖月さちの先生による漫画で、「ショコラブ」にて連載中です。

今回は『清く正しくいやらしく』分冊版1巻のネタバレ記事です。

『清く正しくいやらしく』分冊版1巻のネタバレ!

私ビッチですから。自称ビッチの女性・舟木美薗が手慣れた雰囲気で一夜限りの恋を楽しむところから物語が始まります。

でもなんだか様子がおかしい……!?それでも自分のことをビッチだと言い続ける美薗。一度きりと思っていた関係ですが、また会いたい。この関係を続けたいと相手の男性・冬馬から申し出を受け戸惑ってしまいます。

しかしここでうろたえては経験豊富なビッチ失格と言わんばかりに大人な返答をして彼との関係を続けることに。

翌日出勤すると、とても真面目な行動を取り続ける美薗。そしてありがちですが、新しく就任した上司がまさかの一夜をともにした男性でした。

まさかセフレ関係を結んだ男が自分の上司になるなんて。とても焦った美薗ですが、焦る理由はそればかりではありませんでした。

自称ビッチの女性と彼女に興味津々な上司との甘くて切なくなんとも可愛らしいストーリーは目が離せません。今後二人の関係はどうなってしまうのでしょうか?

『清く正しくいやらしく』分冊版1巻の感想

とても面白い!というのが一番の感想でした。自称ビッチの美薗ですが実は真面目でおとなしく、ビッチとは正反対という設定がなんとも可愛らしく、ビッチになろう!ビッチに振る舞おう!と一生懸命な姿は思わず笑ってしまいましたし、応援したくなりました。

一夜をともにした男性が自分の上司になる同僚になるといった設定はよくあるため、セフレになろうと話をしたときなんとなくもしかしたら〜と思う気持ちがありました。

そうしたら思った通り上司としてやってきたのでこれはもう会社でイケナイことを始めてしまう流れだろうなぁと思っています。

頑張り屋の美薗とそんな彼女の本性(本当はビッチではない)を知っていそうな冬馬とのやり取りは見ていてこちらもドキドキします。早くビッチではないとバラして二人が両思いになりラブラブな時間を素直に味わえる関係にならないかとまだ1巻目ですがすでに待てない状態にあります。

次を読むのが楽しみですし、二人の幸せを見られるのが待ち遠しいです。

『清く正しくいやらしく』をお得に読むならまんが王国がおススメ!

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。



まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!