『椿町ロンリープラネット』14巻のネタバレ!最終巻の収録内容は?

椿町ロンリープラネット』はやまもり三香先生による漫画で、「マーガレット」にて連載中していました。

長期連載となった本作品ですが、この14巻をもって最終巻となります。

今回は『椿町ロンリープラネット』14巻のネタバレ記事です。

『椿町ロンリープラネット』14巻ネタバレ!

義母とのあいだの長いわだかまりが解け、家に帰る途中で、暁はふみに対しある言葉を告げました。

ふみの存在がとても大きくなった暁はふみに家族になるかと告げましたが、ふみの答えはもちろん一択。表紙で察するでしょう(笑)

この二人の恋の結末に加え、番外編が多数収録されています。

まずはふみの同級生である洋と一心カップルの行方。ふみの結婚によって触発されたふたりが空回りしてしまうお話です。

また、洋とふみの先輩であった鞍月が幼馴染で、高校で体育教師をしているみどりに対し片思いを拗らせているお話。

かつて暁に恋心を抱いていた桂と前作ひるなかの流星に出ていた諭吉と出会ったことで、新たな恋が始まるお話。

暁と腐れ縁かつ編集者である吾郎がふたりの結婚式で募らせた想いが描かれているお話の計4つ。

ふみと暁の周りで関わりのあった人たちの後日談や前作の『ひるなかの流星』で出ていた人たちも絡み合うことで、読み応えのある最終巻となっています。

『椿町ロンリープラネット』14巻の感想

今まで女性とのお付き合いや人とのかかわり合いにに対して淡白であった暁が、とある事情で暁の家で家政婦をすることになったふみと出会ったことで、今までもやもやしていた義母との関係や自分自身に無頓着だった面などがいい意味で改善され成長したことで、こうしてふみとの関係が前進したことにとても良かったと嬉しい気持ちになりました。

全巻通して言えることですが、とても作画がきれいでかつファッションなども今時でとても参考にできるなと思います。

また、人物の感情描写が上手で、感情移入してしまいます。最終巻どうなるんだろうと楽しみにしていた反面、割とあっさりした終わり方に少し驚きましたが、番外編がてんこ盛りなので、逆に豪華すぎるなと感じます。

前作の登場人物も出てくるのが読み手の気持ちがわかっているな…と思います。誰一人悲しい終わり方ではなく、ハッピーエンドなので、読んでいて幸せな気持ちになりました。次回作の発売も楽しみです。

『椿町ロンリープラネット』をお得に読むならebookjapanがおススメ!

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

ebookjapanでは初回限定で50%OFFクーポンが獲得できます。購入金額(税込)の50%分(最大500円分)が値引きされます。

初回ログインから60日後まで有効で、期限内であれば6回まで使えます。割引額は最大500円分なので、最大で3000円分もお得です。

eBookJapanは「背表紙機能」があるのも特徴です。この機能があるのはeBookJapanだけ!電子書籍でも背表紙を集めたい人も多いでしょう。


無料や割引キャンペーンも豊富で、常時何かしらのキャンペーンを開催しています。
安定の老舗電子書籍サイト、eBookJapanでお得に電子書籍を読みましょう!

椿町ロンリープラネット 14巻
椿町ロンリープラネット 14巻