『黒崎くんの言いなりになんてならない』1巻のネタバレ!

黒崎くんの言いなりになんてならない』はマキノ先生による漫画で、「別冊フレンド」にて連載中です。

2016年には映画化もされた人気作となっています。

今回は『黒崎くんの言いなりになんてならない』1巻のネタバレ記事です。




『黒崎くんの言いなりになんてならない』のネタバレ!

高校デビューしたキラキラ女子の主人公・赤羽由宇(あかばね ゆう)の高校には、白王子黒悪魔と呼ばれる男子がいます。

白王子こと、金髪で爽やかで誰にでも優しい正統派イケメンの白河タクミと、黒悪魔こと、黒い長髪で目つきが悪く、乱暴な噂からタクミ以外が寄り付かない黒崎晴人(くろさきはると)。

由宇は憧れの白河くんに近付きたいのに、白王子と幼馴染の黒崎がいつも一緒にいるためなかなかチャンスがありません。

ある日、ハプニングが起こり由宇の髪の毛が黒崎の制服のボタンに引っかかってしまいます。とても感じの悪い黒崎に対し、優しくフォローしてくれる白河くんにますます惹かれます。

そんな中、由宇の父の転勤が決まり、ついていくという母の言葉から由宇は白河くんと黒崎が暮らす学校の寮で生活することに。

白河くんと一つ屋根の下の夢のような生活が始まると思いきや、入寮初日にアクシデントがあり…!

初めは横暴な黒崎の態度に怯えていた由宇ですが、強気な態度で立ち向かっていくうちに、ただの嫌な奴と思っていた黒崎の色々な面を知っていきます。

この寮生活はどうなってしまうのか、そして由宇は白河くんとの距離を詰めることはできるのでしょうか…!?




『黒崎くんの言いなりになんてならない』巻の感想

初めの黒崎への印象は、やはり由宇と同じように凶暴で怖いというものでした。

しかし、読み進めていくうちにその印象はどんどん変わっていきます。言葉や行動の表現の仕方が下手なだけで、黒崎の内側にある行動心理のようなものを知っていくと、ただの不器用な男の子の姿が見えてきます。

黒崎は、自分に歯向かってくる人間がいない中で、負けじと言い返してくる由宇のような存在が珍しくつい意地悪してしまうのだろうな〜と感じました。

知れば知るほど由宇の黒崎に対しての印象が変化していくのと同時に、読者も黒崎が放って置けない存在になっていくのではないでしょうか。

また、白河くんとも入寮後は黒崎がきっかけで少しずつ親しくなっていきます。勘違いされやすい黒崎を見守る白河くんは、文句を言いながらも黒崎ときちんと向き合っていこうとする由宇に興味を持つのです。

なんと言ってもこの二人の男子とは同じ屋根の下で生活するということで、一緒に住んでいるからこそのハプニングはとてもドキドキしてしまい、見所だと思います!

『黒崎くんの言いなりになんてならない』をお得に読むならまんが王国がおススメ!

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。



まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!