『liar』漫画1巻のネタバレ!なぜかオトナの関係になってしまった2人は……

liar』は原作:もぁらす先生、作画:袴田十莉先生による漫画です。

かなりのロングヒットとなっており、単行本は現在12巻まで出ています。

今回は『liar』漫画1巻のネタバレ記事です。

『liar』漫画1巻のネタバレ!

本作の主人公は新社会人・成田美沙緒。彼女が入社した会社で出会ったのは、市川(通称:イチ)です。イチは、すごく目つきが悪くて態度も悪いのですが、仕事は出来る美沙緒の同じ部署の上司です。第一印象は最悪でしたが、なにかと美沙緒に関わってきて「スキかも」とまで言ってくるイチに、美沙緒は次第に惹かれていきます。

そして勢いで告白しますが、なんとイチには取引先に彼女(田所)がいたのです。それでも変わらず美沙緒の家に訪ねてくるなどするイチに、美沙緒は振り回され、ついに身体の関係を持ってしまうのです。好きだけど、素直に気持ちを伝えられない今の関係を続けることを決意するのでした。

一方のイチも、美沙緒に惹かれていました。田所との付き合いは、実は父親のコネに関係したもので、恋愛感情などないものでした。イチは過去の恋愛から、女性との恋愛なんて意味のないものと考えていたので、美沙緒に惹かれていく自分に戸惑っていました。美沙緒のことを遊んでいるだけ、と自分を納得させ、好きという感情に向き合わないまま美沙緒を振り回します。自分を好きな美沙緒が翻弄される姿を見ることで、安心しているのでした。

しかし、美沙緒がそんな関係にピリオドをうとうとすることで、イチの気持ちに変化が生じます。そんなタイミングで、周囲も2人の関係を邪魔してくることになるのでした……

『liar』漫画1巻の感想

自分の身勝手で美沙緒を振り回すイチの行動は、最初から最後までイライラしっぱなしです。ひどいことを何度もされてもイチのことをやめられない美沙緒にも、正直言って感情移入できません。本当に見ていてイライラするカップルなんです。

なのに、読み続けてしまうのは、秀逸な心理描写が魅力的だからです。振り回される美沙緒は、このままではダメ、と思いながらもイチの魅力から離れることが出来ず、強く苦しんだり喜んだりします。イチのほうも、過去の恋愛から美沙緒にのめり込むことに怖さを感じていて、それでもどんどん好きになってしまっているにも関わらず、逆の対応をとってしまいます。

一つの出来事でも、2人それぞれの視点から描かれているので、お互いの揺れ動く気持ちを見ていると、早く幸せになってほしい、といつのまにか応援するようになっていました。

2人の気持ちがようやく近づいてきたと思ったら、外部から邪魔が入り、なかなか幸せになれないのですが、最後まで見届けたくなる作品です。

『liar』をお得に読むならebookjapanがおススメ!

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

ebookjapanでは初回限定で50%OFFクーポンが獲得できます。購入金額(税込)の50%分(最大500円分)が値引きされます。

初回ログインから60日後まで有効で、期限内であれば6回まで使えます。割引額は最大500円分なので、最大で3000円分もお得です。

eBookJapanは「背表紙機能」があるのも特徴です。この機能があるのはeBookJapanだけ!電子書籍でも背表紙を集めたい人も多いでしょう。


無料や割引キャンペーンも豊富で、常時何かしらのキャンペーンを開催しています。
安定の老舗電子書籍サイト、eBookJapanでお得に電子書籍を読みましょう!

liar 1巻
liar 1巻