『社内探偵』1巻のネタバレと感想!女同士のドロドロの争い!?

社内探偵』はかたおかみさお先生による漫画です。

『ワタシ以外みんなバカ』で有名なかたおかみさお先生の作品ということもあり、非常に話題になっています。

今回は『社内探偵』1巻のネタバレ記事です。

『社内探偵』1巻のネタバレ!

当日欠勤ばかりの飯田美和にうんざりの先輩松原は、その日飯田が休んだ理由が料理で手を切ってしまっただけだと知ります。

飯田の欠勤理由について聞かれ答えると後輩教育をしっかりと言われてしまう上に、なぜか彼女に甘い課長は飯田のことをイーちゃん呼びで援護します。

それを聞いていた同僚に人事に相談するよう勧められた松原は少し考えます。しかしその後、課長に飯田の仕事(大量)を一方的に任され、人事への相談を決意します。人事部に着くと突然後ろから久我ありさという女性が現れます。

彼女はまだこちらが話していないのに相談内容を知っており、スラスラと飯田について話し出します。松原が飯田の欠勤にどうにかしてほしいと話すと、飯田は有休の範囲内で行っているためそれを咎めることはできないと言われてしまいます。

翌日、飯田は何食わぬ顔で出勤し、周りの女性はイライラします。一方色々と調べていた久我は新たな情報を手に入れ、問題解決に一歩近づきます……




『社内探偵』1巻の感想

女の武器を最大限に使って男に媚びまくり、仕事もそれほどできないくせに給料だけはしっかりもらっていく、こういうクズな女いるいる!と思いました。

人のことを考えず迷惑をかけてもきちんと謝らない、にもかかわらず周りから咎められない。まず迷惑をかけている自覚がない。いくら有休の範囲内でも仕事をさぼってばかりではただの給料泥棒です。読んでいてとても腹立たしかったです。真面目に仕事をしているのに飯田のことで責められてしまう松原が本当にかわいそうでした。

課長のイーちゃん呼びとか気持ち悪すぎます。とりあえずこの二人をどこかに飛ばしてほしいと思いました。でも少し松原の給料が気になりました。

同期より10万多い理由が大きいプロジェクトを成功させたからと言われていましたが、それだけではなく何か裏があるのではないかと思いました。久我が何かを思いついたようで、それがどのような案なのかが気になりました。次回が楽しみです。

『社内探偵』を読むならebookjapan!

eBookJapanは日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あのヤフー株式会社が運営するサービスです。

ebookjapanでは初回限定で50%OFFクーポンが獲得できます。購入金額(税込)の50%分(最大500円分)が値引きされます。

初回ログインから60日後まで有効で、期限内であれば6回まで使えます。割引額は最大500円分なので、最大で3000円分もお得です。

eBookJapanは「背表紙機能」があるのも特徴です。この機能があるのはeBookJapanだけ!電子書籍でも背表紙を集めたい人も多いでしょう。


無料や割引キャンペーンも豊富で、常時何かしらのキャンペーンを開催しています。
安定の老舗電子書籍サイト、eBookJapanでお得に電子書籍を読みましょう!