『虹、甘えてよ。』1巻のネタバレ!青木琴美が描く三角関係の物語

虹、甘えてよ。』は青木琴美先生による漫画で、「Cheese!」にて連載中です。

今回は『虹、甘えてよ。』1巻のネタバレ記事です。

『虹、甘えてよ。』1巻のネタバレ!

『虹、甘えてよ。』は歪な恋の三角関係を描いた物語。

女子柔道部員でどこかガサツ、他の女子からも頼りにされる(にじ)のことが好きな、男子柔道部の(がく)は自分の気持ちに素直になれずにいました。

柔道部の姫だと自称する虹に、熊の間違いだと指摘してふっとばされる…そんなやり取りが今も変わらずに続いていました。

恋心を自覚したのはいつだったのか、いつまで続くのだろうか、いつまでたっても素直にならない岳に、同じ男子柔道部で親友の日和(ひより)が声をかけます。お前は虹のことが好きなのかと。

当然素直に答えるはずもなく、あんな女は好きになるわけがないという岳に、日和が驚きの提案をします。自分が虹に告白するから練習場にお前も残ってほしいというのです。

岳は結局練習場に残ることにしましたが、二人には気づかれないように隠れて、その場にいないふりをしていました。

告白の様子を確認したいが遠くから見ているせいで声が聞こえない、焦る岳の目に飛び込んできたのは二人が抱き合う姿でした。

岳が聞こえなかった、日和が虹に言ったこととはなんだったのでしょうか。




『虹、甘えてよ。』1巻の感想

『カノジョは嘘を愛しすぎている』『僕の初恋をキミに捧ぐ』など数々のヒット漫画を生み出している青木琴美先生の最新作が『虹、甘えてよ。』になります。

単刀直入に自分は、この方が描く漫画は少女漫画のなかでは珍しく重い内容を扱っているのが特徴だと思います。

少女漫画で切って切れないテーマが恋愛です。遠距離恋愛や別れ、誤解やすれ違いなど重い話はほかの漫画でもありますが、青木琴美先生の作品は登場人物の背景が重いのです。

詳しく語ると物語の核心に触れてしまうので言えないことも多いですが、この『虹、甘えてよ。』も当てはまります。人間関係で恋愛は特に複雑な感情が交差します。

そこに登場人物の背景や感情が合わさることによって、現実感を損なわずに説得力が増しているのが、この作品のすごいところであり、見どころでもありますね。

ミルクチョコレートのように甘い展開や夢がつまった話ももちろん素晴らしいですが、ほろ苦くどこか大人なビターチョコレートのような物語。

『虹、甘えてよ。』をどうかご覧になってください。以下のサイトならお得に読めます。

『虹、甘えてよ。』をお得に読むならまんが王国がおススメ!

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。



まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!