『暁のヨナ』32巻のネタバレと感想!四龍御披露目の武術大会!

暁のヨナ』は草凪みずほ先生による漫画で、「花とゆめ」にて連載中です。

10年以上連載が続いている長期連載作品となっており、非常に人気があります。

今回は『暁のヨナ』32巻のネタバレ記事です。

『暁のヨナ』32巻のネタバレ!

ケイシュク参謀と同盟を結び緋龍城へ戻ってきたヨナたちでしたが、彼の提案で四龍たちのお披露目大会が開催されることになりました。

そこではヨナはスウォンの隣に座らせられ、民衆にヨナとスウォンが婚約したのだと思われてしまいます。これはハクを捕らえたいと思うケイシュク参謀の思惑でもありました。

しかしハクはあなたの思う通りにはならないとヨナが否定します。キジャとジュド将軍、ジェハとグンテ将軍の戦いが始まり、キジャとジェハは闘技場で大暴れをしてしまいます。民衆の方にも被害が出ているなか、飛んできた岩をハクは軽く手で受け止めました。

これは大暴れすることで、ゼノとシンアの能力を民衆にばらさないためのジェハとキジャの作戦でした。





ハクはヨナの護衛を外されてしまいましたが、その地位を取り戻そうと下っ端から働くことを決意します。

ハクの配属された隊は掃除や洗濯をする隊でしたが、ハクは余った時間で素振りの稽古をするなど、周りの先輩たちを驚かせていました。

一方、ゼノの不死身の体に興味を持つスウォンはゼノと散歩に出かけ、そこでグルファンがハクの周りを楽しそうに飛ぶ様を見て気が抜けてしまいます。そしてヨナの部屋にミンスを探しに具合の悪いスウォンが入ってきて、スウォンはヨナの前で倒れてしまいます。

ヨナはイル陛下が殺されたことを思い出しますが、必死でスウォンを介抱します。スウォンは朦朧とする意識の中ヨナにハクのことを優しく話しかけました。ヨナはスウォンの体の秘密について知ってしまうのでした……




『暁のヨナ』32巻の感想

ヨナのそばを外されてもめげずに下っ端からのし上がろうとするハクのかっこよさと面白さが最高でした。

今までスウォンは四龍たちの力にはあまり興味を示してこなかったのに、ゼノの能力にだけ興味を示したのは、スウォンのなんらかの病気のせいだと予想されます。

グルファンと遊ぶハクを見た時、そしてヨナに優しくハクのことを話しているところを見ると、ヨナとハクを傷つけてしまったけれど2人のことは大切なのかなと思います。

スウォンがグンテ将軍たちと世継ぎの話をしているときに、時間がかかりすぎるといったのも気になります。もしかしたら、スウォンの病気となにか関係があるのかもしれません。

ヨナは自分の父を殺した憎い相手のはずなのに、スウォンが死んでしまうと知ったらなにも考えられずにいるところにヨナの辛い葛藤が感じられました。自分がスウォンの秘密を知ってしまったがために、ハクに会いたい気持ちを押し殺してしまわなければならないのは辛かったです。次巻はスウォンの身体についてもう少しわかると思います。

『暁のヨナ』をお得に読むなら以下のサイトがおススメです。

『暁のヨナ』をお得に読むならまんが王国がおススメ!

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。



まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!