『女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』4巻のネタバレ!

女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』はとおる先生による漫画で、「MAGxiv」にて連載中です。

斬新な設定から「MAGxiv」では最も人気のある作品となっており、単行本の売り上げも好調なようです。

今回は『女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』4巻のネタバレ記事です。




『女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』4巻のネタバレ!

喫茶で働くと客のめいはとても仲のよい女の子同士。しかし、その正体はどちらも男の子が女装している姿でした。

4巻では「花」もとい「波苗」の友人である、とてもモテるが女性にトラウマのある中村が花と仲良くできるかもと期待を持っているため、もう一度波苗が花として会うことになります。花は嫌われるように、ほかの女の子と同じような反応をしてみますが、そこは女装男子のため手が冷え切っていたり青ざめたりと女の子と同様にはできず、むしろ中村は花にとても好印象。友人としてお付き合いすることになりました。

別の話になりますが、友人である嶋崎は人気コスプレイヤー「うどん」としての顔を持っています。その「うどん」と「花」がカップルのような写真をとることになります。うどんは波苗にとって神のように崇めているコスプレイヤーのためとても緊張していましたが、カメラマンのおかげでいい笑顔の写真を撮影することができました。

その写真が掲載された雑誌を見かけた「シューメー」(花)は、自分は花のことを喫茶の店員としてとしか知らないことに気づき落ち込みますが、花が波苗と同一人物だと気付いているゆづるは双方が女装男子だけれど惚れ込んでいるというそのめんどくさい関係性に頭を抱えるのでした……




『女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』4巻の感想

主人公二人がどちらも女装男子という斬新さと、さらににどちらも双方に惚れ込んでいるというめんどくささが複雑に絡み合ってとても面白い話でした。主人公二人だけではなく、その周囲の友人たちも女装男子だと知らずに友情を結んだり、惚れてしまったりとめんどくさい要素をこれでもかと詰め込んであるため山あり山ありで飽きさせないです。

あまり谷のある話はない作品ですが、今回は双方が女装男子だと知っている弓弦が波苗と花、そして嶋崎の正体にじわりと気付いていくことで、花の事を何も知らなかったことに気づき落ち込む「シューメー(めい)」への良いアドバイザーになっていたように思います。

花の事を見つめなおし、惚れており出来たら彼女になって欲しいという地点まで着地できたのはかなりの進歩。

ただし、その過程にもかなり弓弦は悩んでいたようですが。女装男子が女装男子に、という時点で悩むのはとても分かります。特に自分しか気づいていなければ。私だったらこんなに的確なアドバイスはできないなと思いながら読んでいました。

この先この二人がどうやって女装していると打ち明けるのか、またはバレるのかがとても楽しみです。

『女装してめんどくさい事になってるネクラとヤンキーの両片想い』をお得に読むならまんが王国がおススメ!

まんが王国は広告でもお馴染みの電子書籍サイトです。2006年に運営を開始した老舗サイトで、会員数は200万人を超えています。



まんが王国では初回会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえます。

また、毎日最大50%のポイントが還元されるため、非常にお得に電子書籍を読むことができます。


さらに、2500冊以上の漫画が無料で読めます。 まんが王国でお得に電子書籍を読みましょう!